個人情報保護規程

基本方針

特定非営利活動法人ワーカーズ・コレクティブ オリーブ(以下「法人」という)のすべてのスタッフは、この「個人情報保護規程」および「個人情報の保護に関する法律」、「同施行令」、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」に基づき、利用者とその関係者(以下「利用者等」という)に関する個人情報を適切に取り扱い、利用者等から信頼される事業所となるよう努力を続けます。

1.個人情報の取得・利用目的

1)個人情報の取得

当法人は利用者等の個人情報の取得にあたり、利用目的を明示しその目的に必要な範囲の個人情報を取得し、利用目的以外に利用しません。利用目的以外に利用する場合は、改めてご利用者の同意を得るものとします。

2)利用目的

利用者の居宅サービス計画に沿って、円滑にサービスを提供するために必要な書類・会議、およびサービス担当者会議、介護支援専門員と居宅サービス事業者との連絡調整等において必要な場合。

2.個人情報の第三者提供

当法人は利用者等の個人情報をその利用目的の範囲に沿って、居宅介護支援事業者等に提供することがあります。第三者に提供する場合は、利用者等の同意を得ることとします。

3.守秘義務

すべてのスタッフは、その担当役割を問わず、知りえた利用者等の情報を、正当な事由なく第三者に漏らしてはならない。当事業所を退職した後においても同様とする。すべてのスタッフは、この義務を遵守することを誓約します。

4.情報の安全な管理について

当法人は利用者等の個人情報を安全に管理するため、帳票類やデータ等の取扱いや保管に万全の配慮を行います。また、安全な管理に必要な知識・規程を、周知徹底するため、個人情報保護マニュアルを定め、学習および共育を行ないます。

5.個人情報保護の継続的改善

上記の取組みを継続し発展させるために、規程を定期的に見直し、絶えず利用者等の意見をお聞きする活動をいたします。

6.本規定の改廃は、理事会において行います。

この個人情報保護規程は施設に掲示、要望に応じて紙面でも公表いたします。

 

20107月 特定非営利活動法人ワーカーズ・コレクティブ オリーブ

                             理事長 宗 形 初 子

ワーカーズ・コレクティブとは

だれかに雇われて働くのではなく、メンバー全員で出資し、協同して働きます。地域に暮らす人々が、地域に必要な「モノ」や「サービス」を自分たちでつくりだし提供する非営利の市民事業を行なう新しい働き方です。このような働き方や事業が増えることで地域がより豊かになることを目指しています。

top